チューブレスタイヤにはコンプレッサー

コンプレッサーを勧める内容の記事は自転車のメンテナンス解説本には書いていません。ネットでいろいろ解説している人もこれがいいと書いている記事はあるかもしれませんが私は見たことがありません。タイヤメーカーIRCのホームページでもコンプレッサーを使ってくださいと解説されていません。ましてや自転車屋さんから買ったほうがいいというアドバイスは聞いたことがありません。しかしこれほど有益な道具はないと思っています。いわば教えたくない道具です。

中級品のコンプレッサーですがとても便利です

チューブレスタイヤを使うになっても新品のタイヤなら普通のポンプでビードが上がるので当初はこのポンプでもいかなと思っていました。しかしパンクすると通常のポンプではタイヤインストールは難しいです。

これでいいかなと思いましたが使い勝手ではコンプレッサーに劣ります

次に使ったのがブースター付きのポンプです。

このポンプで結構役に立ったのですがやはり本格的には少し力不足でした。結局コンプレッサーを使うことにしました。

コンプレッサーは便利な道具です。いろんな工具を使えます。自転車を洗った時に水滴を吹き飛ばすにも便利です。勿論チューブレスタイヤは一発でビードが上がります。ビードが上がりにくいときは石ケン水を使ってコンプレッサーの空気を一気にタイヤに注入すると間違いなくうまくいきます。やり直すことはありません。

残念ながら一般的にコンプレッサーを購入するとなればご家族から白い目で見られることも覚悟しなければいけません。理由は置く場所と音です。この条件をうまく解決できるならコンプレッサーは是非お勧めします。

コンプレッサーまで買ってしまう自転車好きの方は少ないと思いますがタイヤ交換が楽しくなります。買ってよかった道具の筆頭に挙げても良いかと思います。

“チューブレスタイヤにはコンプレッサー” への2件の返信

  1. ご無沙汰しています。
    やっぱり、最終的にはコンプレッサーがいりますね。
    組んでいただいたのと別のホイールのTLタイヤですが、パンク修理して再度インストールしようとしても、全然ビードに乗ってくれませんでした。ポンプにブースターを付けていてもです。
    何度もポンピングして疲れ果てて結局はチューブを入れました。
    正直、もうTLはヤメようかと思っています。
    おっしゃるとおり、古くなったTLタイヤのはめ難さのことはどこにも書いていません。
    はっきり、「TLタイヤを常用しようとしたらコンプレッサーが必要!」と言って欲しいです。

    1. ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。確かにチューブレスで運用しますと乗り味はとてもいいです。ただ運用で面倒な点があるのも事実です。確かにメーカーはデメリットは言いません。勿論自転車屋さんも来店を促したいのでそんなことは一言も言わないと思います。
      コンプレッサーはタイヤ用でしたら中級品で十分です。大容量はいりません。これがあればもう心配はいりません。(工具込みで3万円ほどでした)
      しかし餅は餅屋ということもあります。費用対効果を考えますとどちらがいいのか答えが出ません。自転車屋さんでいろんな情報収集も楽しいひと時です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です