チューブレスカーボンホイールのエア漏れチェック

私が今使っているカーボンホイールはLightBicycelのリムを使ったチューブレスホイールです。ニップル穴なしのリムを使っています。このため穴はバルブの穴だけです。

作るのに少し時間が掛かりますが手間かけただけは良いところがあります。

 

前輪にはタイヤインストール後シーラントは入れていません。後輪にはシーラントを入れました。

どちらが空気を長く保つか調べてみました。

結果はほぼ同じです。

このチューブレスカーボンホイールはシーラントなしで結構長持ちます。

今回はリムハイトが46mmですが次回は56mmで試そうと思います。

“チューブレスカーボンホイールのエア漏れチェック” への4件の返信

    1. ご連絡ありがとうございます。
      ご相談しながらの販売になります。体重を伺ってからリムを選びます。スポーク数、ハブを決めてリムを発注します。何種類ものリムの在庫をするほど資金力はありませんのでその都度発注しています。リムの到着には3週間ほどかかります。余裕を見て1ヶ月の時間はかかりますが待っていただくだけのホイールは出来上がります。通常より下準備に時間が掛かりますので作製には5時間ほどかかります。今は時給1000円の格安でやっています。ちなみにこのホイールはDuraハブを使い前18後ろ28です。自分用のホイールが沢山ありますのでよろしければお貸しいたします。

      1. お返事をありがとうございます。
        普段は大体100~150km程単独で走る事が多いです。イベントはシマノ鈴鹿などでの使用を考えています。

        また、使ってみた印象などをブログに掲載して頂ければ幸いです。

        1. お返事ありがとうございます。

          いつでも作らせていただきます。
          ちなみにLightBicycelではいまコロナで売り上げ落ちたのか送料1ドルキャンペーンをやっています。
          海外での自転車フォーラムではAR46、AR56の評価は高いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です