凄腕メカニックさんと話しました

久しぶりに凄腕のオーナーメカニックさんと話しました。一部の知識は私のほうがよく知っていることもあるのですが総合的にはこの人がはるかに経験豊かですのでこの方との話はためになります。

30分ほどですが今回もいろいろ教えていただきました。

チューブレスタイヤが流行りだしているのですがやはり扱いが楽なクリンチャーに戻る人もたくさんおられるようです。チューブレスのシーラントはどの方も厄介と思われるようです。このためクリンチャーに戻るそうですね。

ホイールの軽量化はどうですか?と尋ねましたらチューブラーが一番やねとのことでした。この意見には私も同感です。もっと32hのチューブラーホイールの良さを知ってほしいですねといいますと、その通りなんやけどいまは無理やなとのこと。しかしレースに出るんやったらチューブラーやでということでいったん話は終わりました。

 

クリンチャーですがソーヨーのラテックスチューブを勧められました。私は使ったことがないので何とも言えないのですが乗り味はガラッと柔らかく感じるそうです。

とても高価で1本3000円近くするのと空気を毎回入れないといけない不便さがあるがいいですよと勧めていただきました。アマゾンのレビュウーでは賛否両論のチューブのようです。それだけ使い方が難しいようですが一度試そうかと思います。だけど高いですね。

 

前にもハンドルのことをブログに書いたのですが今回もハンドルのことを聞いてきました。

エアロタイプのハンドルはワットを稼ぐとのこと。ハンドルで空力がよくなるから大事ですよといわれました。別の方からもアドバイスいただいたことを思い出します。ハンドルは相性で自分に合ったハンドルに出会うまで何度も取り換えたとのことです。

 

ハンドルにチューブ、ホイールといくらお金をつぎ込んだらいいのか、自転車はお金がかかります。まあ好きなことですから仕方ないですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です