タイヤを外すのに使っています

力のある人にはなくてもよい道具ですが握力が減ってきている人には有効です。なんでそんな道具がいるのかと笑われるかもしれませんが力がない人には便利な道具だと思っています。

パークツール PTS-1

タイヤを傷つけずに引っ張り上げてタイヤレバーを差し込むことが出来るので比較的楽にタイヤ交換の作業ができます。

タイヤが新品の時は特に特にビード部分がきつく締められていますのでタイヤレバーを差し込むのに苦労します。こんな時にこのタイヤシーターを使うとわりと楽に済ませることが出来ます。 しかし力がいることには変わりありません。楽にできるというくらいです。しかし大きな援護射撃です。

チューブレスタイヤの場合はなお一層たいへんです。タイヤをぐっと締め付けていますのでタイヤレバーを入れる隙間を作るのにとても苦労します。力がある人でもチューブレスタイヤの場合はタイヤを外すのは大変です。なかなかタイヤレバーを差し込むことが出来ません。この道具を使えば比較的楽に隙間を作ることができます。タイヤレバーを差し込むことが出来れば次の作業は簡単です。しかし何度も比較的と書きましたのは全く力がいらないわけではありません。

この道具を買ったのは理由があります。

振れ取りでお預かりしましたカーボンホイールのタイヤが固くてなかなか外せないことがありました。コンチネンタルのタイヤでしたがビードが固く、おまけにリムの溝にキッチリとはまり込んでいますのでどんなに力を入れてもタイヤはびくともしなかったのです。力がないのが理由なので専用道具を使えばいいと思いました。リムにはまり込んだビードを外すにはこのタイヤシーターPTS-1を使えば楽にできるので購入することにしました。

力がいる作業に対応できないことがあり適当な道具があれば積極的に使うようにしています。時間と力をお金で解決しています。このタイヤシーターは特殊な道具なので使うときは本当に限定されますが力のない人にはいい道具と思います。タイヤ外しに汗だくになることはありません。

しかしながら自転車屋さんに任せた方が出費のことを考えますとどちらの方にコスパがいいのか迷うところです。適度なコミュニケーションを取るためにも自転車屋さんに頼るのも一案です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です