46mm高でディスクカーボンホイール作製

ブログよりご連絡がはいりました。46mm高のディスクカーボンホイール作製のご注文です。

メールだけのやり取りで商談を進めるのですがお客様には勇気がいることだと思います。しかし私のほうもありがたいことですが心配なこともあります。言わばお互い様です。

これらの心配事を超えてお客さまが喜んでいただいたご連絡を頂戴すると格別なものがあります。お顔あわせてご商談できればもっといいのですが、離れていましてもとても達成感を感じます。

最近のカーボンホイールのご注文はディスクホイールが多いです。やはり時代かもしれません。ツールドフランスではイネオスはリムブレーキでしたがほとんどのチームがディスクホイールでした。

しかし新しく自転車をオーダーされる方なら自転車業界はディスクホイールに移っていますのでディスクブレーキの自転車となるのは当然のことです。

ご依頼主は硬めのカーボンフレームに載せるといっておられます。スポーク決めるときにCX-RAYは乗り味が柔らかくなるので硬いフレームとは相性がいいと多くの方から評価いただいていることを申し上げました。果たしてスポークはCX-RAYということになり話はトントンと進みました。

前輪708g CX-RAY使用
前輪スポークテンションは均一です。
後輪 823g CX-RAY使用
スポークをいかに均一に張るかが一番大切です。

カーボンホイールのご注文はすべて穴なしリムのご注文です。穴なしリムは穴アリと比べて剛性の上では穴なしリムのほうが若干高いようです。おまけにテープがいらないのでとても扱いやすいホイールになります。作るほうは厄介ですが使う方にはメリットが多いです。

ニップルはDTのSquorxProブラスを使っています。このニップルは通常ニップルの2倍以上の値段がしますが強度面では価格以上の良さを感じます。ニップルにはグリスを塗りながらスポークを通しています。グリスを塗るのは回転しやすくするためです。ニップルとリム面の摩擦を減らして回転しやすくしています。面倒な作業ですがスポークテンションを上げていく際滑らかにニップルが回りますので作業がし易いです。オイルを注せば簡単ですがべとつきますので綺麗に仕上がりません。個人用ならオイルを注すのが簡単です。

ニップルに磁石ネジを取り付ける方法が楽です

ニップルを通すのに穴なしリムでは専用の磁石ねじを使って磁石で引っ張り出す方法が楽です。いずれにしましても仮組までが大変です。しかしこれを乗り越えればもう普通のホイールと同じです。スポークテンションを揃えて均一に、振れを最小になるように調整するだけです。 ホイールの重量は非常に軽量です。穴なしリムですので通常の穴ありリムより剛性が高く空力の良いリムです。

ノンブランドのホイールですが高価なブランドホイールに負けないパフォーマンスを発揮してくれます。お金を出せばいいホイールが手に入る。これはある程度は当たっていますがホイールは簡単に値段で決まるものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です