シマノ10速ハブを使ってチューブレスホイールの作製

以前、XR31T/RTリムを使ったホイールをお買い上げいただきましたお客様よりご依頼いただきました。

22mm高のXR22T/RTのリムでホイールを作ります。ハブはお持ち込みです。

前後で515gは重いのですが丈夫ということでもあります。
前輪ハブで146gは台湾の軽量ハブの倍近い重量です。欠点でもあり長所でもあります。
10速ハブだから遅いということではありません。とても性能がいいハブで台湾ハブと比べて重いのは丈夫ということです。

シマノハブWH-R501を使用します。10速ライダーの方には良いアイデアと思います。

キンリンのリムはチューブレスレディーリムです。バルブとシーラントを用意しリムにテープを貼ればチューブレスホイールが出来上がります。

この組み換えはシマノホイールの中古品を持っておられる方には朗報です。WH-R501ホイールは8・9・10速用です。このホイールは前輪20h、後輪24hでハブはカップアンドコーン仕様のハブです。ハブのベアリング調整はご自分で行えます。グリスを変えたり締め具合を調整したり言い換えますと育てることができるハブです。これが楽しい時間と感じる方が多いのも事実です。

ハブだけお送りいただきました。リムとスポークは私がご用意しました。

10速ハブは構造的には11速より1枚ギアが少ないですがハブオフセット値が小さいので出来上がりの左右スポークテンション比率は11速よりも上です。ギアの厚み1.85mmでホイールの性能は大きく変わります。古いホイールを再度掛かりの良いチューブレスホイールに変身する方法としても今回のご依頼はとてもいいと思います。

前輪スポークは中央部が1.5mmのサピムLaser、後輪左Laser右DTコンペティションを使います。右ドライブ側を1.8mmと太くして剛性を高めています。ニップルは軽量化より丈夫さを選択しブラスニップルにしています。20gの軽量化より丈夫さで安心を選んでいます。

Laserスポークは扱いが難しいが地面からの振動を吸収してくれます。
均一にスポークを張ることが大切です。
ドライブ側には少し太いスポークを選んで剛性を高めています。
スポークの張り具合が大切です。均一にすることが一番重要です。

素材を最大限に生かすためにはスポークテンションの均一化が重要です。クランクから伝わった力はどのスポークにも同じ力が加えられますが各スポークにバラつきがあれば前に進む力は減じます。各スポークが均一に揃っていればロスも少なくなるのは自明です。中古のホイールが危険なのはこの点です。見ためではホイールはわかりません。

さて、ホイールが完成しました。オーナー様は22mm高と31mm高のホイールを持たれることになりました。1フレーム2ホイールが自転車乗りには良いといわれています。良い組み合わせを考えられたと思います。

少し気を緩めると1フレーム5ホイールになってしまいますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です