分解したホイールを組み換え

フルクラムRACING SPORT前輪をばらしたままでは勿体ないのでまずはリムを再生させることにしました。

フロント824g
ハブをばらさないとスポークが抜けない

購入時のテンショングラフ

このホイールは18穴です。18穴のリムはなかなか汎用部品の中では見つけることができません。

シマノDURAでは18Hが販売されています。私はシマノHB6700 18Hを持っていましたのでこれを使うことにしました。

HB6700  18h

重量は157gと重いです。重いのですがメンテナンスはとても楽です。定期的にグリスアップをすれば20年でも使えます。そしてよく回ります。

重さはホイール中心部の重さですので回転にはあまり影響ありません。今はディスコンのハブですが新品を見つければ購入することにしています。

 

今回のリムは18穴です。この18穴のリムは汎用部品ではなかなか見つけることができません。利用価値が少ないので極端に高いか極端に安いかのどちらかです。

リムもハブもうまく見つけることができれば面白いホイールが出来ます。

 

組み換えで使った部品は

リム      フルクラムRACING SPORT 18h 503g

スポーク    DTコンペティション2.0/1.8/2.0mm

ハブ      シマノHB6700 18h  157g

アルミニップル DT Swiss pro lock SQUORX nipple

 

重量 オリジナル824g 組み換え後 783g 41g軽量化

 

フルクラムリムにシマノハブ、面白い組み合わせです。手組ではOKです。

昨今シルバースポークのホイールはあまり販売されていません。黒いホイールばかりです。シルバーのホイールは新鮮です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です