ポリイミドテープ、結果よし!

ポリイミドテープを使ってチューブレスタイヤをインストールしました。

XR31Tリムを使ったフロントホイールです。

20mm幅テープ

タイヤはIRCフォーミュラーライト25cを使います。ホイールはクリンチャーで使っていましたのでタイヤを外してすべて整備しなおしました。

 

先ずスポークテンションを120kgf前後になるように調整しなおしました。

一通りテンション調整が終わり、リムテープにポリイミドテープを使って巻きます。

テープは2回巻きました。巻きやすいテープです。空気のふくらみを取りながら巻くのものも楽です。

 

フロントの120kgfは高いように見えますがタイヤインストール後のテンションダウンを考えますと高くはありません。下のグラフのように約20%テンションダウンします。

123kgfで調整タイヤインストール後のテンション

タイヤインストールには石ケン水をスプレーで吹きかけてタイヤを滑りやすくしています。私は力がないのでIRCのレバーを使っていますが特別問題も起こっていません。

レバーなしで入れないとダメという人がおられます。まあそれに越したことはありませんがハードルを下げても大丈夫のようです。

IRCのレバーでインストール

空気を6気圧入れて一日置きました。翌日4.5気圧に減っています。シーラントなしでこの結果です。感想としてはいいテープと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です