チューブラーホイール、前輪から音が出る

昨年末にお納めしましたお客様よりお尋ねのご連絡をいただきました。ベテランライダーのお客様ですが初めてチューブラーホイールを試されました。

下記のような内容です。

チューブラーホイールで約2000キロ走りました。乗り心地が良く疲労が少なくて快適に乗れています。
相談ですが
ここ3回位100キロを超えるとフロントホイールから異音が発生します。
変速機の整備不良でチェーンがスプロケットに擦れているような音がします。
実際最初は変速機が原因だと思い色々やったくらいです。
音は走行中に発生します。

止まっている時に前輪を持ち上げて手で
回しても綺麗に回ります。
走行中にペタルを止めても音がします。
前輪を逆に付けると治ります。
音はどんどん大きくなってきています。
素人考えだと前輪のベアリングが原因ではないかと思います。
恐れ入りますが御返答お願い致します。

ベアリングが不良品であったかもわかりません。取り敢えずべリングを交換しますということでお送りいただきました。

バルブホールのテープ処理がされていません  音の原因でした

ホイールが届きましてすぐにスポークテンションを見ました。ほとんど変化していません。1っか所だけ調整しましたがほぼさわらなくても良い状態でした。

ホイールを軽く回ししました。特別以上はありません。ふと、バルブ部分を見ますとタイヤをバルブ穴に通したままでした。

これを見て音が鳴る理由が分かりました。

チューブラータイヤではテープ、セメント2種類インストールの方法があります。どちらの方法でもバルブをネジで固定しないタイヤの場合タイヤインストールが終わるとバルブをしっかり固定する必要があります。

バルブを固定していないとホイールが回っている間にタイヤがほんのわずかですがずれを起こしてしまいます。距離を走ると回転でタイヤに熱を持つのでしょう。接着面が柔らかくなりタイヤがほんのわずかですが動いてしまいます。

こういう状態になりますとわずかですがタイヤがずれます。バルブとアルミバルブ穴がこすれて音がするわけです。走っている間一定の間隔で音がするなら確実に変な音の原因はこれです。

対処方法は?

テープに切り込みを入れます
バルブにテープを通します
クロスして2枚張ると完璧です

バルブを固定することです。方法はテープを使って固定します。絶縁テープを使って写真のようにテープに小さな切込みを入れ、タイヤバルブに通してリムに固定するのです。2枚テープを用意してx印で貼ると効果的です。

テープを貼って固定しました

処理が終わりお客様にはベアリング交換しないでお返ししました。ご連絡いただいたときにすぐに対処方法をお知らせすることが出来ればよかったのですが今回はできませんでした。反省点です。

チューブラータイヤが初めてのお客様はこれで一つマスターされました。誰でも最初は初心者です。ベテランライダーさんでも皆さんスタートは一緒です。ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です