ベアリング交換にヒートガンを使う

ノバテックF482SB-11後輪ハブのベアリング交換をしました。

ベアリング交換にはほんの少しの勇気が必要です。

今回はフリー側のベアリングはまだ大丈夫でしたのでシェル側のベアリングを交換しました。

圧入するときは長ボルトを使った手作りプレスを使います。センターを出すのにコツがいります。少し難儀しますが最初のベアリングの位置決めさえしっかり決めればゆっくり締めこんでいきますとうまく入っていきます。

グリスを塗ってベアリングを圧入するのですがシェル側をヒートガンで温めておくことがコツになると思います。

皮手袋を使って手を守ります。少々熱くても気にすることなく圧入に専念できます。ベアリングを引き出すときにも圧入するときにもヒートガンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です